メタルギアの「石油を作る」微生物は実在した!?

石油(軽油)を作る微生物。そんなものがいるわけがない! と、1990年当時の我々は誰もが思ったことでしょう。
MSX2版「メタルギア2 ソリッドスネーク」にて、ストーリーのキーとなる微生物(単細胞藻類)「ボツリオコッカス・オズマ・ブラウニー」(通称「OILIX」)というものが登場します。

培養技術の改良で低コストで大量に生産することができ、石油代替エネルギーとして充分の期待がもてるバイオマスである。藻1キログラムから0.8キログラムの原油が抽出できる。その原油の中から約70%のガソリンと25%の航空燃料が得られる。ガソリンはオクタン価96というハイレベルである。(「メタルギア2 ソリッドスネーク」プレイヤーズマニュアルより)

そして、まさかの現実化。
日経新聞の記事をわかりやすく紹介している「にっけいしんぶん新聞」さんで紹介されています。その名も「シュードコリティスティス」。
で、その能力ですが、

中性の培養液中で光を浴びると軽油を作り、重量の20-25%までためることが可能といいます。

と、「OILIX」に比べるとまだまだというところですが…。単細胞藻類であるところまで一致しています。
これが「日本の温泉から発見された」というから驚きです。
ゲームでは、核戦争の引き金として、この微生物の培養方法の奪い合いを行うストーリーです。
核を搭載した二足歩行戦車がメタルギア…はっ!
日本には既にメタルギアがいるではないですか!
すいません、最後のはネタです。
「シュードコリティスティス」は、まだまだ質は良いものではなく、これからの発展が期待されるところではありますが、現実のエネルギー危機を救う一助になることを願ってやみません。

メタルギアの「石油を作る」微生物は実在した!?」への4件のフィードバック

  1. power@at2n

    なんかね、こういうの見てると
    「日本の技術ハァァァァァァーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!世界一ィィィィィィーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!!!!」
    とかシュトロハイムなりますね。ええ。

    返信
  2. 霜の降りた屋根

    「石油を作る」微生物は実在した!?

    メタルギアの「石油を作る」微生物は実在した!? バイオハザード好きにして、メタルギア好きの私に耳より情報が! つーか、ようやく石油ができるメカニズムが解明される…

    返信
  3. 晴彦日記

    石油は
    微生物により
    1000万年-1億年という
    長い年月をかけて
    作られたと思います。
    微生物により
    石油を生産する研究も
    行われています。
    問題なのは
    微生物が石油を作るのに
    途方も無く
    時間がかかることです。
    石油は限られた資源です。
    石油代替エネルギーを
    探る方向性は
    正しいと思います。
    http://blog.goo.ne.jp/higakinorihiko/e/a344478216606b2306075e5ee85c5e1c

    返信
  4. ナカノ マサユキ

    岩手北三陸沿岸に海の牧場を作りたい。
    親潮のエリアは大型昆布類の人工藻場が可能。
    もちろん、石油を作る藻生産も可能かも知れない。
    岩手の四大港湾のひとつ久慈湾は、ただ一つ開発が進まない。
    荒海に防波堤が建設途上、その規模は500㌶の内海を作る、そこでの昆布生産は年5千トン以上。昆布ブロックは開発されたのに、今のペースでは防波堤建設に百年以上かかるが、尽きないエネルギーを生産出来るようになったら30年以内でできるだろう。
    そんな研究者がいたら、大歓迎だ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.